2017年08月12日

アメリカで金太郎になれるかヒデキ、マツヤマ⁉️

松山が全米プロ 二日目で優勝を狙えるところに顔を出してきました。すでに今年の獲得賞金が8億円を越しているそうです。アメリカの賞金の凄さには驚きます。韓国ではゴルフアーを志す自分の娘に家族全部の能力(全財産ということでしょう)をつぎ込むという話を聞いたことがあります。今のアメリカや日本での彼女らの稼ぎぶりを見れば納得が行くというものです。過去日本選手での最高は丸山の3勝です。地元アメリカの選手でも1勝もできないで選手生命を終える選手は大勢いるわけですから丸山も大したものなのです。しかし松山の強さはそんな平板な強さではない様です。ある新聞にアメリカツアーのトッププロが松山の存在にビビつているという記事が出ていました。松山のゴルフにはそうゆう相手に脅威を感じさせるものがある様です。青木もアメリカでは愛された日本ゴルフアーの一人でしょう。しかしパーマーやニクラウスに敵視されていた程ではなかつたはずです。何年かは松山で楽しめる日本のサンデーゴルファーの私達です。
posted by マスター at 09:32| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: