2017年08月09日

お粗末すぎる阪神のローテーション投手の実績

岩貞のぼけなす野郎のお陰で死に体状態にある巨人に惨敗です。どこか肝心なところに弱点を持つ阪神、横浜、野球です。こんな野球をやつていると、広島と3球団でやろうと約束した、CSも巨人が割り込んできて反故になつてしまいますよ!とにかく巨人は叩きに叩いて足腰の立たない様にしなくてはなりません。横浜がセツカク山口なんて害毒を巨人に送り込みその混乱に寄与しているというのに、岩貞のボロクソ投球はラミちゃんに申し訳ないというものでしょう。岩貞には私も大いなる期待を寄せてきたのですが、ローテーション投手もとして見ると4勝9敗では同情の余地はありません。顔を洗つてで直せアホーです。今度岩貞の代わりに藤浪が上がつてくる様ですが頭の病気は完全に治つているのか心配です。ここで今年の阪神のローテーション投手の勝敗を整理してみましょう。メツセ11勝5敗、藤浪3勝3敗、岩貞4勝9敗、能見3勝6敗、秋山9勝4敗、青柳3勝3敗、小野0勝6敗です。これをトータルで見ると33勝36敗です。ローテション投手で負け越しですよ、こんな先発陣で良く阪神が二位でいられると考えてしまいます。それは広島だけが際立つて強く後がどんぐりだからです。先日来日していたバースが阪神の逆転優勝を口にしていました。バースの気持ちは嬉しいのですが、阪神は今そんな呑気なことはいつていられないのです。まあ今年はこのままご誤魔化して何とかCSに滑り込むのがやつとでしょう。かつては巨人と互角に戦うためにそうゆうチームつくりを阪神は真剣に心掛けてきたとは思えません。今は広島を凌ぐレベルまでのにまでのチームを作らなければ優勝なんて無いのです。来季を目指してその準備を果たして阪神球団はやつているのでしょうか、それにしても岩貞も青柳もよく我々の期待を裏切つてくれたもんだ❗️
posted by マスター at 08:58| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: