2017年08月02日

こんなボロ投手陣で金本に優勝を迫るのか?

藤浪がプー太郎になり能見が年齢からローテーション投手の地位を失いそうになつています。アバウトとはいえ健在なのはメツセンジャー一人です。金本が期待する岩貞、青柳も小野もローテションを確立できるレベルにはまだまだです。特に昨日の広島戦は岩貞と阪神の近未来にとつて大切な一戦だつたのです。広島に勝つことで岩貞の阪神投手陣での価値が大きく上がること、そのことによつて広島を追い込む確信が阪神に芽生えることなどなどです。それを知つてかしらずか、岩貞の大バカ者は初回に三点の先取点を許す有様です。どんな理由があろうとも先発でいきなり点を取られる投手は自分が投げることで飯を喰つている自覚がないのです。せめてスタートぐらいは0に抑えられない投手は私は大嫌いです。青柳も小野も含めてまだまだです。冷静に見れば阪神のローテーションはとうに瓦解しているのです。先日棺桶からヒツパリ出された八木投手にやられた阪神ですが、同じように棺桶の中から岩田をヒツパリ出す始末です。阪神のチームプランは誰が責任を負つて立てているのでしょう。今日の状態は兼ねてから予測されていたものです。広島を追うどころか自律神経失調症ジャイアンツの病的息使いが大きく聞こえてくる始末です。阪神が8連敗をした時ある新聞が「あるぞ阪神の五位まで」なんて書いていました。現実にならないよう祈るばかりです。
posted by マスター at 11:30| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
期待の若手、岩貞、青柳、小野ですが、この3人に共通していえる欠点は制球力がないことです。相手投手に平気で四球を与える制球力の悪さはどうにもなりません・・・。いくら質の良いストレートを持っていてもコントロールができなくては勝負にならないのです。その最たるバカピッチャーが藤浪といえます。160qのストレートを持ちながら制御不能の投球で鳴尾浜のガラクタに成り下がる危機をむかえています。やはり良い投手の基本となる武器は針の穴をも通す制球力なのです。阪神タイガース歴代のエースもまた小山、村山を筆頭に素晴らしい制球力で勝ち星を積み上げていったのです。
レジェンド小山老師に教えを乞うてみたらいかがでしょうか。
Posted by ボッチ at 2017年08月02日 19:44
そんなことはボツチさんや私にもわかることです。脂質はよくても今トーロールがないそこが大谷やマー君やダルビツシュらに比べると評価が落ちるところでしょう。問題はコントロールをつける指導をどんなことを阪神のコーチがやつているかです。天狗にさせないことを含めて!北海道も異常な暑さのようです藤浪のようにボケないようにきおつけてください
Posted by at 2017年08月05日 11:15
資質の間違い
Posted by at 2017年08月05日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: