2017年07月17日

サア今日から後半戦、まさかBくらすなんてことは?

彼我の実力の差と勢いを考えればもはや広島を捉えることは現実として難しいと考えられます。しかしかつて広島も阪神も巨人に10ゲーム以上の差をつけていたにもかかわらず。どんでん返しを食らつた経験を持つています。故に阪神が追い上げる可能性はゼロとは言えません。しかし当時とは違いチーム力がキツコウしている中でついた広島との8.5ゲーム差は余計に広島の強さを目立たせています。巨人の体たらくは予測し得なかつたものですが強かつただけに忍び寄る過渡期の難儀は他チームの比でないとも言えるのです。阪神もこの問題で長いこと苦しんできたと言えるのです。金本が監督になつたせいでもないでしょうが、阪神の変革が広島の後追いの様に見(良い意味で)えます。金本の考えによる若手の登用は丸や菊池や鈴木や田中らの若手が一気にチームの主力に躍り出た広島を連想してしまいます。高山も、原口も中谷も北条も糸原も金本の期待に応えようと一生懸命なのがよく分かります。今阪神が2位にいるのも彼らの部分的成長の賜物でしょう。しかし広島の若手との間にはまだ歴然とした差が見られます。それはまだ誰も監督からレギュラーのお墨付きをもらつた者がいないところです。完成に近ずく広島と発展途上阪神の差それが8.5のゲーム差です後半阪神には西岡、ロジャースの新戦力が加わります。これらはもちろん攻撃力アツプの貢献するでしょう。目先のことよりも二、三年先阪神はこうゆうチームで戦うのだという答えを監督に出してもらいたいものです。もはや投手力も藤浪やメツセ、能見らを補助戦力ぐらいに考え、岩貞、青柳、小野、秋山を第一ローテーションにするくらいな大胆さで望まなければ広島の様にDENAの様に活力に溢れたチームに転換することは難しいといつていいでしょう。来期阪神入り確実と言われる日ハム中だが思わぬ不振で残留話が出ています。事はなかなか上手く運ばないものですね。新しいローテションに予定している四人が順調な成長を見せたとしても一人外人のまともな投手を阪神は全力をあげて探す必要のある事を忘れてはなりませんよ!
posted by マスター at 10:44| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: