2017年07月12日

他球団がやれることなぜ阪神は出来ないの?

日本で外人の投手が活躍をしています。ジョンソン、マイコラス、ジョーダン、、まあメツセンジャーも入れてやりましょうか。彼らが日本球界入りする際に誰一人として大投手という前評判は聞いたことがありません。みんななんだか評価の判然としない状態で来日しているのです。ところが蓋を開ければ名前をあげたように大活躍をする投手も出てくるわけです。反面何しにきたのかわからないで帰国する奴もいるのです。広島や楽天、s、バンクオリツクスなどはトツカエ、ヒツカエ外人の入れ替えをやつています。よくいえば外人対策に柔軟性があるといつていいのでしょう、または調査能力に優れているとも取れます。私は阪神の外人対応に不満を持つていますが、先発のその力を注げばいいのにと思う穂でドリス、マテオの二人は成功しています。しかしこれもメツセが偶然阪神にフイットした様に意図をもって二人を探し出した結果とは言いがたいものがあります。ホームラン30本の外人を兼ねと太鼓で探すことが急務の阪神でしたがロジャースが来ましたさて吉とでるか凶うとでるか阪神の外人対策の裏が問われます。ジョンソンか、マイコラスがいたら阪神は優勝しまつせ。強いチームにすることは簡単なことなのです。後半に向かつて手抜きは許さないぞ高野のオツさん
posted by マスター at 11:57| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: