2017年07月11日

覚醒するか阪神野球?

先日私は好きなタイプの選手として平野、上本、糸原をあげてみました。体は小さいのに野球フアイトが滲み出ています。このほか三人に共通しているのが思わぬ長打力でしょう。上本などはあの小さな体でリストを利かしたフエンス直撃打をよく打ちます。それは時々ホームランにもなる位の打球です。昨日の糸原も4安打全てが長打というエキサイテングなバツテングを見せました。これも只者でないセンスなのでしょう。彼らの持つ高いレベルの技術は他の選手のレベルをあげる作用をすること間違いなしです。面白いチームになりますよ阪神は!中谷のスイングが鋭くなりました。彼だつてチビつ子ギャングに負けてはいられないでしょう。10本などと言わず今シーズンは20本近い実績を残して欲しいのです。その自信は中谷を後戻りさせないものとなるでしょう。高山だつて原口、北条だつて糸原に刺激を受けているに違いありません。オフエンスは金本、掛布に任せて間違いありません。どう考えても問題は投手陣です。どんな布陣を組むにしても藤浪の立ち直りなくして投手陣の再建はありません。藤浪を立ち直らせるものそれは何か?そんなことすら見つけられないようでは今後が案じられます。小山に藤浪を任せて見てはどうでしょう?これは私のこだわりです阪神に何も残せなかつた山口ー中西ラインには未だに腹が立つて仕方ありません。
posted by マスター at 12:15| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: