2017年07月11日

花開く機会を逃した良太の長打力

デーリーの片隅にウエスタンリーグの広島戦に阪神が7〜6で勝つたという記事が出ています。先日の巨人戦と酷似したスコアーなものですから瞬間オヤ!と思つてしまいました。そして最後に小さく良太のサヨナラホームランが試合を決ことが報じられています。ホームランを打てる打者の極度に少ない阪神で一月で6本塁打を打つたほどの記録を持つ男です。長打力の資質がなければ一月で6本塁打なんて打てるものではありません。その良太もすでに33歳ですか?もう一軍で花を咲かせることは無理になりました。彼の長打力の才能が一軍で花を咲かせなかつたことに一抹の寂しさを感じます。どこか惜しい気持ちが残ります。新しい波が古いものを追いやるこんなことはプロの世界では日常茶飯事です。分かつていてもどこか寂しさを感じる良太ウエスタンでのサヨナラホームランです。
posted by マスター at 11:33| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: