2017年07月11日

全てのことにフアンと真剣に向き合え阪神球団

阪神の歴代監督の中で請われて他球団の監督を務めた者は皆無に等しいと言えます。如何に阪神という球団に才能が欠けているかを示す一例でしょう。皆さん驚くなかれその中でただ一人他球団に請われて監督を務めた人がいます。「それは誰でしょう」クイズではありませんがこれに即答出来る人は相当な阪神フアンと自負して結構です。答えはかの旗本偏屈男「岡田」ただ一人です。関西エリアで常に人気では阪神の下にいるオリツクスです。岡田の関西における人気を当てにしたものでしょう。しかしその試みは無残にも2年で終わりを遂げるのです。最後は石以て追われるがごとき哀れなものでした。将棋ではありませんが岡田監督の管理者(監督)としての道は詰めをクラつてしまいました。岡田のあの暗いイメージに光はささなかつたのです。ここに阪神の監督としての成功者はよそ者という歴史が存在しているわけです。タツタ一つ恐ろしいことは無能の球団が安易に岡田の復帰を要請する可能性が残つていることです。幸いなことに岡田はデーリースポーツに「岡田辞典」なるコラムを持つています。時々読んでいますが阪神の進歩に寄与する内容は全然ありません。デーリーも岡田コラムをやめて野村監督に面白い話題を書いてもらつたほうがよろしいのでは?アッそうか!野村だと原稿料が高いのか!それで岡田さんなのか?阪神のOBなら原稿料は安いわけです。まるで阪神の監督選びにそっくりです。阪神が研ぎ澄まされたチームにならないのが良くわかるお話ではあります。岡田の阪神帰りと鳥谷の監督恐ろしいことです。これだけは辞めときまひょ‼️最後にもう一言言わせてちょ、今度ロジャースという新外人がきました。阪神はどんな情報をもとに外人選手を選手を獲得しているのでしょう。これは私の想像ですが、ブローカー情報に頼つているのではないでしょうか?そうでなければヘイグ、キャンベルのようなひどいことにはならないはずです。バテイスタ(広島)のスイングがホームラン打者のスイングです。そんなことすら見抜けないのでしょうか、この件ももつと真剣に自分の情報を収集しなければならないのです。真面目に、真剣に!
posted by マスター at 10:18| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: