2017年07月09日

ヤツパリ金本は凄かつた

わかつていたことですが、金本入団と糸井の入団との差は想像以上のものがあります。金本の決定力は阪神に二度の優勝をもたらしています。金本と糸井を並列で論ずること事態金本に対して失礼というものです。しかし糸井個人にはそこまでのパワーを期待するのは無理というものです。しかし福留との絡みなどは非常に阪神野球の妙味を高めていることは認められます。このコンビは今の阪神の野球を面白くしていることも事実です。但し二人があと五つ若ければ阪神野球をもつとエキサイテングなものににしていたでしょう。それは皮肉なことに二人の調子が落ちてきた今痛切に感じているところです。老齢の二人に過重な期待はできません。これから夏は盛りを迎えます。糸井と福留が湿つたままだと阪神は竜頭蛇尾に終わるかもしれません。ロジャースがヘイグ、キャンベルだつたらどないしまひょ❗️ホームランホームランと云つたところで今年のヤクルトは山田、バレンテンがいながらチームホームラン最下位です真中さんも頭の痛いことでしょう。
posted by マスター at 10:02| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: