2017年07月05日

恥ずかしくて人に話せない阪神の外人事情

エルドレツト21、ロペス17、バレンテン9、ゲレーロ21、ビシエド13合計89以上セリーグ。ペゲーロ18、ウイーラー10、アマダー8、デスパイネ20、メヒア13、レアード16合計85以上パリーグこれは先週の最後に打撃成績30傑に顔を出している外人のホームラン数を示したものです。セリーグのホームラン合計が323本、パリーグが372本ですからほぼ各々の3分の1を占めているわけですから、その威力は甚大なものであることがわかります。ここに名前のあがつていない遅れて日本野球に参戦した外人選手もそれなりにホームランを打つています。極論すればホームランの打てない外人選手は必要がないといつていいのです。前にも述べましたが打力の停滞に悩む巨人の最初の失敗はロペスを簡単に流失させたことです。その愚挙は笑つてしまいます。外人ではありませんがこれも首を斬る様に放出した太田がパリーグでホームランを10本も打つて巨人を嘲笑う活躍です。これよりもなお恥ずかしいのが阪神の外人事情でしょう。今度泥縄式よろしくロジャースを補強しましたが遅すぎます。2年間スカ外人をつかまされその恩恵には預かつていません。外人大砲のいないパリーグのロッテも御多分に洩れず堂々のビリ争いです。丁と出るか半と出るかロジャースせめて20本は打つてください。お願い‼️
posted by マスター at 09:27| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベテランに甘い金本では優勝難しいな 20年やれば1回くらい優勝できるやろうけど(笑)
Posted by ポッポ at 2017年07月12日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: