2017年06月18日

いまのままに固まるな高山

高山が二割五分台まで落ちた打率をまた二割七分台にまで盛り返してきました。今シーズンこの様なことを何度繰り返しているのでしょう。フアンも金本も君に期待しているのはこんなことの繰り返しではありません。確かに打撃センスは優れたものを持つているのでしょうでなければこんな復元力を示せる訳はありません。まだ2年目であることを考えれば進歩の過程なのかもしれませんが何かものたりません。「何か物足りない」どこかで聞いたセリフです。そうそう金本が監督に就任した時鳥谷を称して呟いたセリフです。進歩の過程と見れる向きもありますが、1年目から三割を打つ打者は沢山いるのです。いまの様なことを繰り返していたのでは第二の鳥谷になり兼ねません。私たちから見ても優れた打撃センスは伺われます。身につけて欲しいのはホームラン最低20本のパワフルさなのです。投手にはパワフルに分類してもいい阪神待望の岩貞が出てきました。打撃部門で待たれる高山のパワフル化です。将来高山と岩貞で優勝をもたらして欲しいと願うからです。ういまのままに固まるな!話は変わりますが阪神は元広島にいたルナを調査しているそうですがそんなんでいいの?本当に外人のルートが貧しいんですね、なんとかならないの?
posted by マスター at 12:16| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本気で優勝する気があるのならまともな助っ人を連れてくるのがフロントの大きな役割です。
それを怠っている無能な高野球団本部長など即刻更迭すべきです。
ファンを舐めてはいけませんよ、阪神球団。
Posted by ボッチ at 2017年06月18日 16:03
ボツチさんの言うとうり!交流戦のマズマズで興味は中盤戦まで続来そうです。小野も才能が開花しそうになつてきました大事なのは次の登板です。トラキチの繋がつたペナントへの興味最後まで絶やさないで欲しいですね。
Posted by at 2017年06月20日 10:03
ボツチさんの言うとうり!交流戦のマズマズで興味は中盤戦まで続来そうです。小野も才能が開花しそうになつてきました大事なのは次の登板です。トラキチの繋がつたペナントへの興味最後まで絶やさないで欲しいですね。話は飛びますが能見は94勝だそうですが、すると石川の150勝はものすごいですね
Posted by at 2017年06月20日 10:06
たしかにヤクルトの石川のキャリアには頭が下がります。大卒投手で150勝はたいしたものです。167pの小兵ながら気の強さと度胸で攻めの投球が持ち味の力投タイプのピッチャーだと思います。130q前半のストレートでバンバン勝負しますからね。ヤクルト時代同僚であり先輩だった解説者の宮本慎也の話では、かなり気が強いらしく、また気が短いそうです。
Posted by ボッチ at 2017年06月20日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: