2017年06月14日

阪神を活性化させる小兵二人

昨夜も相手より少ないしかも一桁の安打で7点もとる不思議の野球で勝ちました。阪神にチャンスに適時打が良く出ているのが分かります。これはチーム内に緊張を共なつた責任感が選手各自に芽生えてきている証拠でしょう。今日も糸原が4打席1安打とはいえ阪神を勝利させる大きな二塁打を飛ばしています。我々は糸原なんて選手は知りませんでした。しかし金本監督は殊の外糸原が好きな様です。もちろん糸原のセンスを見抜いてのことでしょう。こうゆう選手の見抜き方こそ金本が信頼のできる監督であることの証左なのです。実に彼は選手をよく見ていると思います。もう一人の小兵上本も金本の好きな一人ではないかと見ます。あの体格でデビュー当時から外野のフエンスにぶつける打球をよく飛ばしていました。これはリストの強さを物語るものであり強いリストは好打者の条件の一つです。あの癇癪玉を連想させる闘志むき出しのプレースタイルこんなところも。監督の好きなところではないでしょうか、今、鳥谷は大活躍ですから悪く言うのはかわいそうですが、いま少し闘志を全面に出していたらと思うと少し残念です。ガッツは最も金本の好むところであり新人糸原と上本の活躍が阪神野球を変えつつあるといつていいのです。特に上本が好きな私は毎日が楽しくて仕方ありません。二軍で順調に復活を目指している西岡も一軍で割り込むところを見つけるのは大変な現状といつていいでしょう。いま阪神には切磋琢磨の良い環境が生まれています。
posted by マスター at 11:11| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: