2017年06月11日

大人の野球を見せるようになつた阪神

岩貞が7回を投げて先発投手の許容されるとする3点の失点でマウンドを降りました。しかし阪神打線にこの失点を跳ね返す力がなく敗戦投手の汚名を着ることになつてしまいました。試合を振り返る限り阪神にもチャンスはありました。しかし今日は福留がこのチャンスにことごとく三振という結果では如何ともしがたいものと言えます。ソフトバンクも柳田の本塁打以外は6安打の散発に抑えられています。一発の威力ここにも見たりです。岩貞も相当のピツチングを見せました。彼の投球はパワーピッチャーのそれです。阪神になかなか出てこなかつたタイプの投手です。 一日も早く監督の期待に應て独り立ちして欲しいものです。もう一人の青柳も今のピツチングどうのこうのよりも体躯から伝わるスタミナに先々期待がかかります。悪いけど糖尿病の岩田に頼る阪神ではあかんのです。九連戦初戦の敗退で残りの8試合が苦しくなつてきました。広島にこれ以上引き離されないためにも心して戦わねばならない8試合となりました。何れにしてもミツトモナイ試合はやらなくなりました。それだけでも金本の功績は大きいと言えます。
posted by マスター at 07:19| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: