2017年06月09日

中谷の3ランを生かせなかつたおしさ後で響くかも

今日は得意としてきた逆転勝ちを逆に喰つてしまいました。今の調子から見れば中谷のスリーランが出たときは今日ももらつたと思いました。しかも能見ですもはや逆転のヘマを食うとは想像もしませんでした。しかし開幕前から心配されていた能見の老齢からくるスタミナ不足が現実になりました。今日の逆転負けが暗転のきつ掛けにならないことを望むのみです、やはり予想していたように広島の強さは傑出しています。若手投手のローテーションも強い打撃の援護でどんどん勢をましてきそうです。それにまだジョンソンを残している余裕は悔しいけど二連覇は盤石の感じがします。また二軍から上つてきたバテイスタがデビュウ〜4試合で4ホームランとはわが軍の外人キャンベルの無気力スイングとの差には呆れるばかりです。まあ阪神が追撃の一番手にいるのが戦前には考えられもしなかつたことですから今二位にいること自体がミラクルなのですから今日の負けをとやかく言うのも贅沢かもしれません。以前お話ししたことがありますが優勝するチームでも143試合の内60試合前後の試合を失うわけです。そう考えれば巨人の十二連敗なんてたいしたことでは無いのですがそうは簡単に割り切れないところが野球の難しさというところです。毎年優勝すると思つている馬鹿な巨人フアンです。今は発狂一歩手前というところでしょう。簡単に言えば今の広島の総合戦力は🅰級で阪神や巨人の戦力は🅱級以下ということです。その戦力で広島に食らい付いてる金本は良くやつているということになり、由伸はあかんということになるのです。巨人もFA市場の選手を総ざらいするはど補強に焦りを見せたのですが皆Bクラスばつかりだつたということでしょう。
posted by マスター at 16:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: