2017年05月30日

交流戦の終わりに阪神フアンはときめいていられるか

- [ ] さすが大健闘の阪神も交流戦戦を前にしてヨタヨタしています。ヒョつとしたららなんて心をざわつかせるジュニアトラキチの気持ちに水を注しています。私達のように何度も何度も泥水を飲まされて来た苔むすトラキチには今の阪神は夢の様なポジションにあると褒めてやりたい気持ちで一杯です。事実中日と最下位を争う実力程度が本当のところでしょう、しかし広がりかけた夢を潰さないで欲しいものです。あの藤浪さえしつかりしていればと考えますがボケ晋太郎がその夢を広げるか潰すかのキーマンであることに変わりありません。いよいよ例年のごとく交流戦が重大な意味を持つ様になりました。優勝を目指す争いに生き残れるかズルズルいくか、?最低9勝9敗の五分で踏ん張らなくてはなりません。最近のセリーグは世間でも有名なハードな練習をモットーにする広島野球がリードしています。特に根性のなくなつた巨人野球に堕落が目立ちます。阪神の監督は広島スピリットの体現者です。今阪神にはバースや金本の様な存在だけで優勝を意識させる様な選手はいません。しかし野球とは意外な流れが生じるものです。それを補うものは金本精神を頭に全員がひとかたまりになれるかどうかです。前半期待された岩貞、青柳が思うほどの成果を得ていません。しかし彼らの体型を見る限り投手として成功を期待する球団(金本)の気持ちは理解できます。岩田や榎田などよりは将来性を感じます。青柳なんて西武の牧田程度には成れるんではありませんか?
posted by マスター at 09:34| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪神にとっては鬼門の交流戦が始まります。
なんとか5割で乗り切ってほしいものです。
問題児のポン太郎ですが、ファーム落ちしましたが担当コーチの福原には厳しく指導してほしいですね。フォームがしっくりこないとか、クイックでの投球でバランスが崩れるとか、本人はウダウダ言ってますが、制球難の一番の原因は考え過ぎからきている(イップス)的なものかもしれません。そうだとしたら、余計なことを考えずにファームでの調整期間に走り込みをすればいいんですよ。ひたすら毎日20qくらい走らせば心身ともにリフレッシュするでしょう。鍛え方の足りない下半身がしっかりすれば、自ずと制球難も解消されるはずです。
とにかく、よく食べ、よく寝て、よく走ればいいんです。
死に物狂いで走れ!ポン太郎!
Posted by ボッチ at 2017年05月30日 12:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: