2017年05月23日

セリーグは基本的にはドングリを証明したあわや三連敗

ヤクルト三連敗をたつた6安打で阻止しました。相手はバレンテンががツーランを打つて阪神よりも多い8安打を打つているのにです。ソロソロトラキチの集まりは心さざめいている様ですが、いまからそんな甘いことを考えるのは素人と言うものでしょう。それでも今年の阪神の野手は少し違つて来ています。相手より少ない安打で勝つている試合が目立ちます。戦況を切り開く気迫が満ちています。それを代表しているのが上本です。私はそのことが嬉しくてたまりません。チームをヒツパル選手が辛気臭くては話になりません。あとは西岡がどこまで戻れるか後半に向かつての重要なポイントでしょう。心配なのは先発投手です。そうは言いながら少ないチャンスで勝ちを重ねているのです。投手が悪いとも言えません。桑原なんて予想外の成長度をみせています。ドミニカンダツコチャンツインズも秀逸です。変にオールスターなんかに選ばれない方がいいぞ!兎に角初回に失点するようきゅうきょな先発投手の悪癖は急遽修正が必要です。セリーグを見渡す限り他チームも投手力には悩みが多い様です。広島も若手投手ばかりのローテヤクルトにーションは終盤の競り合いにはシンドイ面も出てきそうです。あまり褒めたくありませんが図抜けた投手は菅野ぐらいでしょう。そんなところが阪神首位の大きな理由でしょう。
posted by マスター at 09:45| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリーンナップの不振がチームの勢いを止めてしまいました。しばらくは辛抱しなければなりません。連勝することは難しいでしょう。
幸いにして投手陣が先発、リリーフともに頑張っています。とにかく何度もいいますが、大型連敗だけは避けましょう。苦手の交流戦も勝率5割で乗り切れば、後半戦に向けて大いに期待できるかもしれません。
Posted by ボッチ at 2017年05月24日 11:26
同感同感!
Posted by at 2017年05月26日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: