2017年05月20日

見苦しき巨人の断末魔

読売がたまたまヤクルト戦を地上波で放映しているというのに、私がチャンネルを合わせるとザマア見ろヤクルト7〜0のワンサイドゲームです。まさにナベツネの死期を早める展開いであります。例によつて担当アナウンサーの気味の悪い巨人におもねる絶叫トークです。解説者は現役時代女性問題でヤクザ絡みで一億円を払わされたド助平野郎原とプロ野球球史上最低のドラフト破り男江川の最悪トリオでどうしょうもない巨人がこれから先どうなつていくのかどうしょうもない不安に満ちた解説飛び交う虚しい0ー7の試合です。本当に巨人は小さくなりました。。可哀想なくらいに、あのくそ江川を影で面倒を見続ずけているている巨人と、球界の宝王を巨人から引き取り球団の頭に据えたソフトバンクとの間には埋めようのない無い大きな差ができてしまいました。巨人をもはや球界の盟主とは言いません。アアアいい気持ち!
posted by マスター at 08:35| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: