2017年05月19日

阪神24勝12敗の首位をどう見る?

36試合を消化して阪神は今24勝12敗で堂々の首位です。12敗もしておるのにその負けの試合の印象はほとんど無いのです。2勝1敗ペースとはそれほど素晴らしいものだということでしょう。今日も2-1と1ー0の最高の投手戦に次ぐ僅差の試合を平然とものにしています。0ー4、0ー9の試合をひつ繰り返しありとあらゆるケースで勝利しているのです。おこがましい言い方ではありますが、もはや王者の野球をやつているのです。開幕当初セリーグの今の順位を予測した野球フアン、その筋の専門家がいたでしょうか?私自身も阪神は中日と最下位を争う程度の実力とみてぃました。それを思えば現状を青天の霹靂と表現せざるをえません。まだ百試合以上を残すことを考えると喜びよりも胸が苦しくなる思いです。このクエスチョンに金本監督はどんなリーダーシップを見せてくれるのでしょうか、フアンとしては頑張れの言葉を贈るしかありません。野球は実に上手くいかない例にヤクルトのホームラン数がセリーグ最下位の17本とは誰が考えたでしょう。バレンテンと山田で100本を打てる力があるのにです。それなのにそれなのにの真中さんでしょう。阪神は昨日と今日で合わせて9安打しか打つていません。普通なら二連敗でも仕方が無いのです、ところが阪神は2連勝してしまつているのです。広島の鈴木誠也が「神懸かり」で有名になりましたが、今や阪神はチーム全体が神懸かり状態の野球をやつていると言つていいでしょう。
posted by マスター at 16:44| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この調子がこのまま続くことはないでしょう。ペナントレースはこれからです。
とにかく大きな連敗だけは防がなければなりません。チーム状態の悪い時は無理をせず5割の勝率を維持できればOKです。
Posted by ボッチ at 2017年05月19日 19:31
こんな状況を予測していませんでしたから、かえつて疲れます。中谷が大きく成長しそうで楽しみです。二、三年前までは聞いたことも無い名前の連中が活躍しています。みんな打撃力はついてきました。kーkの功績でしょう。岩貞がピリツとしませんね?
Posted by at 2017年05月20日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: