2017年05月16日

確実に変革を感じる阪神の試合運び

フアンとして一番痛快な試合運びは早い回から打つて打つて打ちまくり前半でケリをつけて勝つ試合です。しかしこんな試合は一年に何試合もあるものでありません。ヤキモキしながら見ている試合がほとんどなのです、だからフアンは楽しみでもあり心配でもありやめられないのです。今の阪神はトツプにいるのです。何処からも文句を言われる筋合いはありません。今日も負けるんじゃ無いかと思わせる緊張した試合でしたが、いつの間にかというか最後に少ない安打を集中させてまるで、巧者の野球(野村監督が好む様な)で勝利するのです。これがこの10年覇気を感じられない野球をしてきた阪神か?と思うほどスツキリした野球を魅せ続ける阪神です。苦手の今永に対してボケモン藤浪がアツサリ2点の先行を許し嫌な感じの流れになりましたが野球生活最高の集中力を見せる鳥谷のバツトがアツサリ同点を演出し、その後の藤浪の緊張感を持続させています。また此の好投が勝利の伏線となつても居るのです。阪神の選手の真剣な(鳥谷の集中力)息使いが聞こえてくる恐ろしいくらい快心の試合と言えます。金本が好んで使う新人糸原の4点目を産んだヒツトも監督の選択もそれに応える本人も見事なものです。あまりの調子の良さ恐ろしい位です。これでもし交流戦を上手く乗り越えたらなんてよからぬ妄想が広がるばかりです。今成、良太、大和、俊介彼らはつい先日まではレギュラーを務めていた者達です。今では出場機会が少なくなり控え選手の悲嘆を味わうこの頃ですが、昨日の大和の様に起用された機会にはしつかりとした活躍を見せてくれます。これも我々には嬉しいことです。紛れもなく選手層に厚みができたことを証明しているのです。
posted by マスター at 08:53| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: