2017年05月12日

阪神のこれからまだまだ海あり山あり

超一流の菅野を打ち崩しながら二流の大竹にやられました。このところ試合の中盤から見せる強打で巨人を追い込みましたが、広島と同じヘマを巨人はしませんでした。今日勝つていれば少しは首位の座も余裕を持てたてたと思うのですが、そうは問屋が卸しませんね、岩貞がいけません。金本が最も当てにしていた岩貞と青柳に調子が出ません。どこが悪い芋か我々の目ではわかりません。あまり調子のよくない巨人打線にこれだけ花火を打ち挙げられては調子も糸瓜もありません。特に巨人に獲得で競り負けたマギーや絶不調の長野にまでホームランを打たれたのは後々の阪神のための悪いダメージとなりそうです。まあ望外の好調を続ける阪神です。あまり細かいことは言いたくありませんが、第一ローテーションで臨むしぶとく5割ラインを維持しているDENA戦です。とりこぼしのないようたのんまつせ、手ぐすね引いて待つ左トリオ?気い付けや、わたしの目から見て二流の投手ににしか見えない大竹や田口によくう捻られるのはそろそろ懲らしめておかないと肝心な時を迎えた時の障害になりそうです。首脳陣の一考を!
posted by マスター at 16:48| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: