2017年05月10日

鯉の季節に鯉を蹴落とす阪神の勢い本物か?

思いあがつた菅野の鼻先をへし折る、渋いかつ見事な二塁打を高山が見せました。4試合完封に自信満々の彼の心を一挙に、不安の雲でおおう効果抜群の一打です、その後糸井の一打でアッというまに菅野の記録への夢を潰してしまいました。それを足がかりに6連勝までやつてしまいました。こんなことあつて良いのでしょうか?戸惑つているのはトラキチです。(^ ^)糸井と福留の存在がいかに阪神の中で有効なものかが証明された試合でもあります。いつもけなしてきた鳥谷も俺も俺もと頑張るチーム内の雰囲気を自分なりに受け止めているのでしょう。打率は相変わらず目立つほどのものではありませんが、福留、糸井に次ぐ活躍は見事です。惜しむらくは現在の緊張感に今少し早く気がつくべきだつたでしょう。鳥谷自身の勲章2000本安打も視野にはいつてきました。是非晩節に花を添える活躍を続けてほしいものです。さて今日のハイライトは秋山の一人立ちが本物になつてきたことでしょう。とにかく立ち上がりで点を取られない投手になることです。今日の二軍戦に岩田が先発しています。いきなり一回に2点を与え5回降板まで7安打を打たれています。秋山も昨年までは同じ様なピツチングをしていたのです。これでは一軍では使えないのです。今日はその未熟さを封印した見事なピツチングでした。今後を楽しみにしています。もし今夜岩貞で勝つようなことになれば阪神の先走りも珍事では済まなくなるかも?
posted by マスター at 09:34| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
期待した岩貞でしたが、巨人打線の本塁打攻勢に撃沈されましたね。中継ぎで登板した松田もピリッとしません。二人とも配球を読まれていた感じもありました。バッテリーを組んだ梅野も反省しなければ成長はありません。まぁ狭いウサギ小屋での試合なのでこういう結果になることもあるでしょう。岩貞には次の登板までしっかり修正してもらいたいですね。ここのところ失点の多い松田は一度ファームに落として走り込みをさせて方がいいですね。
とにかく何度もいいますが、連敗しないことが優勝へのカギとなります。
Posted by ボッチ at 2017年05月11日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: