2017年04月21日

生きていた鬼門名古屋ドームのジンクス

自分の長い間に培つた勘が悪い形で当たつてしまいました。絶体強いわけでもない阪神、最初から中日と最下位争いと踏んでいた阪神、その相手中日に負け越したからと云つてジタバタするのもおかしいことですが、野球に常にありがちな投良ければ打良からず、打良ければ投伴わずのアンバランスが顕著な三連戦になりました。結果は阪神にとつて名古屋ドームに住む魔物に又してもやられてしまいました。総じてみればこの三戦は阪神課題の先発投手は勝利こそつきませんでしたが試合の流れを崩さずにこの先への希望は見せました。いかんせん打線がダメでした糸井と福留が空つきし打てずもたついているうちに中日に試合をヒツクリ返されてしまうという展開に終始してしまいました。阪神の強さがまだまだ充実したものでないということの良く解る三連戦でした。しかしナゴヤドームは嫌なところです。それに阪神相変わらずのホームランの少なさも目立ちました。それだけに勝ちの流れにあつた試合を暗転させられた平田のホームランがやけに印象的でもあります。悔しさの残る割り切れない三日間でした。クヤジイー
posted by マスター at 15:28| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: