2017年04月18日

意外と手堅い金本野球

阪神の8勝5敗はよくやつていると云つていいでしょう。若旦那晋太郎さんが女の問題で悩んだり挙句の果てのインフルエンザでローテーション飛ばしの体たらくであります。他の投手も調子がよいわけでもないのにこの成績は法外のものと云つていいでしょう少しチームの打撃が向上して野球そのものに幅が出てきました。アヘツドされた点数を取り返すことを第一義に打線の構成を探つてきた金本の考えが見を結んできたと見ていいでしょう。これは私だけの見方かもしれませんが金本野球が意外と繊細なのには驚きます。糸原などを勇気を以つて直ぐ登用をする辺りなかなかのものです。あとは一にも二にも投手ということになり、今日からの三投手の出来がきにかかります。金本の監督の野球に詰将棋を感じるのは何故でしょう。
posted by マスター at 16:27| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: