2017年04月14日

力負けしなくなつた阪神

スポーツニュースは「阪神は接戦を制しました」と今日のDENAとの一戦の勝利を結んでいました。今の阪神は金本以下ある目的のために懸命の戦いをしているところでしょう。海のものとも山のものとも定まらない若い選手を金本と掛布で見極めながらチームの形を整えているところです。どんな拙い勝利でも批判より尊いものはありません。勝利こそが選手たちの血となり肉となり金本の思いに応え少しずつ成長を見せているみたいです。キャンベルのアクシデントで正捕手から一塁にまわつた原口が昨年の成績が偶然のものでないと言える力強い打撃を見せています。そのことによつて捕手のレギュラーに座つた梅野が、やがては正捕手は梅野と囁かれていた一昨年の評価を取り戻しています。この二人のレギュラー定着は阪神の未来を明るいものにする基礎となると私は見ています。これに高山、北条が追随すれば力を持つ若手が将来の阪神を背負う形が出来上がります。勿論こう語れるのも糸井の活躍なくしてありえません。若手に光を与えているのは紛れも無く糸井の存在といえるでしょう。今日も楽勝を接戦にしてしまつた阪神ですが先ずは勝ちが先行し秋山にも勝ち星が付きメデタシ、メデタシというところか?
posted by マスター at 16:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: