2017年04月11日

上本が金本に贈つた気の早い御中元

ブラボー野球のサプライズ上本の決勝ホームラン!今年の年明けからキヤンプに至るも上本の名前は阪神の情報、記事などからスツカリ目に耳にしなくなつていたのです。それどころか監督の金本のコメントにも上本の名前は聞けなくなつていました。私が心配したのは金本が上本を見切つたのではないかということです。もしそうだとしたら私の金本への信頼度は大きく揺れることなつたでしょう。しかしシーズンが開けると阪神の二塁は上本で定着されていました。上本のデヴュー以来あの小さな体で外野のフエンスにダイレクトで当てる二塁打を何度も見せてくれました。これは彼が類い稀な強いリストの持ち主だということの証明です。それとあの小躯に漲る闘志、野球選手としてなくてはならない大切な魅力の一つを持つているということです。上本を二塁に定着させた金本の目は節穴でないと安心しました。その監督に素晴らしいプレゼントが上本から届きました。今夜の決勝ホームランがそれです上本はこれからも数々のプレゼントをチームにフアンの私たちに届けてくれるでしょう。
posted by マスター at 11:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: