2017年04月08日

投手シツカリと激怒する金本監督、責任の一端は貴方にもあり

昨夜は原口のサヨナラホームランで辛うじて勝利しましたが、阪神投手陣のガタガタぶりは深刻な問題になりつつあります。このような具合になることを例え投手出身でない監督とは言え金本も見抜けなかつたのでしょうか、まわりのコーチも然り、球団の編成担当も見抜いていなかつたという事でしょうか?とにかく阪神の投手陣に対するテコ入れへの手抜きはフアンに対して失礼としか言いようがありません。こういうのを慇懃無礼というのです。ふざけた球団の態度には怒りを感じます。三本柱とされるメツセンジャーが開幕から先発した試合にろくなピツチングをしていません。初戦は幸運にも勝利投手になりましたが、投げきることができず5回で降板しています。今日のヤクルト戦もサンザンヒツトを打たれこれがエース的扱いを受けている投手の姿かと言いたいくらいのものです。本来エースであるべき藤浪も数多の資質を持て余し四球を多発するお粗末な投手に成り下がつています。もう一人の能見は寄る年なみで勝ち星さえ計算のできない投手になつてしまいました。シーズン良くて5〜6勝負けはその倍は行くでしょう。この三人を主力と考えていたのはフアンの考えとなんら変わらないでしょう。しかし監督以下関係者は毎日この三人を目の当たりにしていたはずです。フアンとは当然違う視点があつていいはずです。能見には年齢からくる限界があります。とは言えこの三人を迷いの淵から救い出すための適切なサゼスチョンさえ出来ないでいる阪神の監督をはじめとする指導者はそれでもプロかと問いたいです。この問題の三人をこのままに捨て置くのならその無責任の罪は球団に及ぶものと云つていいでしょう。まさに経営側も現場もひつくるめて総バカ者集団ということです。何も思いつかない坂井を頭に戴くオメデタ集団です。これは素人の提言ですが阪神歴代の名投手例えば小山や江夏を招集して阪神投手陣の建て直しのプロジェクト会議などやつたらどうでしょう。これに科学、医学的側面からのバカ投手の頭(メンタル)、身体の分析も試みたらどうですか?阪神投手陣の崩壊はこの三人にとどまらず。第四の投手と期待された岩貞にまで及んでいるのです。広島との第二戦も4点の先制点をもらいながらその裏すぐ3点を返され逆転される要因になつています。彼は今日もいきなり巨人に4点を与えて味方の攻撃陣に負担を与えています。この程度の投手を阪神の時代を背負う投手と任じていいのでしょうか、何度も言いますが他人のものを欲しがつても仕方ありませんが、ジョンソンもマイコラスも広島や人が自力で探し当てているわけです。阪神はジョンソンやマイコラスに通じる糸を持つていなかつたのでしょうか?メツセンジャーは今でこそ阪神の中堅投手ですが入団当時は単なる中継ぎ程度の評価しかありませんでした。阪神の外人投手に関する情報は実に貧相なものということがわかります。総てがこんな生ぬるい阪神がどうして優勝などということを口にできるのでしょうか組織が指導者が悪いのか預けられた卵(選手の)の素質が悪いのが堂々巡りで止まつていてそこから一歩も進まない阪神です。こんな阪神の惨状を横目に広島の加藤が見事な初勝利をあげました。あの頑丈そうな体は黒田の抜けた穴を埋めると私は刮目していましたひrおしました。広島はいい補強をしました。羨ましい!
posted by マスター at 09:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: