2017年04月05日

想像以上に悪い阪神の現状

もうペナントレースは始まりつてしまいました。阪神の調整に付いては心配なことが多々指摘されていましたが、最早後の祭りと言うしかありません。それぞれの選手を批判するのは簡単ですが、阪神に関しては今更無益というものです。糸井は5試合で2ホームランですから只今50本ペースであります(^_^)鳥谷さんの打棒がやたら目立ちます。まあ三塁にまわつて少しワイルドな選手に変貌したのかな?阪神てグツトニュースはこんなところです。投手陣は私が懸念していたように惨憺たるものです。藤浪を中心に投手陣を形成しようと考えるのは至当のものでしょう。しかしその藤浪が5回奪三振0、9四球、被安打5の大乱調です。これで良く2失点で済みましたね。大げさに言えば彼は今類い稀な投手としての資質を何処かに置忘れたかのような迷い道に入り込んでいます。兎に角マウンドの上に飛び上がるフィニツシュは修正しなくてはなりません。悔しいけれど菅野は捕手に向かつて上体を沈めているでしょう。それだけで球持ちの良さが素人の私にもわかります。どうせブツけるならバレンテンの頭をぶち割るくらの球投げてみいや!原点に返り球をにぎらせず死ぬまで走らせるそんな荒療治が藤浪には必要なのかも?こんな状態になつても阪神は外人を含めた外部に投手探しをしている気配は見えません。投手の岩貞、青柳らもそうですが、実戦経験の少ない北条達も試合経験を重ねながら成長してくれるのを待つ以外に阪神に希望はありません。広島、巨人が100点とすればDENA、ヤクルトは70点、悲しいかな阪神、中日は40点がいいとこでしょう。さて阪神は戦いながら40点評価をどこまで上げていけるか?
posted by マスター at 11:25| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜の藤浪も酷かったですねー。
上半身だけで、なお且つ力みまくりでまったくピッチングになっていませんでしたね。試合後もいつものコメントで「緊張はなかったけど浮足立ってフォームがバラバラでした・・・」まぁ、情けない言い訳ですね。2回くらいローテーションを飛ばして鳴尾浜でぶっ倒れるくらい走らせればいいんですよ。ファームがどうのとか、ボールが指に引っ掛かるだとか、そんな言い訳はたくさんです、何年プロでやってるんでしょうか・・・。藤浪本人のためにも甘やかすのはやめて、このへんできついお灸をすえるのも必要かもしれません。
今日の秋山、明日の青柳が通用しないとなるとかなり苦しくなるでしょうね。先発陣総崩れ、リリーフ陣も不安定となれば中日との最下位争いになる確率が非常に高くなるでしょう。それにしても知らぬ存ぜぬを決め込むフロントには腹が立ちます。
Posted by ボッチ at 2017年04月05日 12:55
金本の目指す野球の結果ではないですか。守りを疎かにして、攻撃ばかりに眼がいく。北條の守備はなんですか。1年2割6分位打ったら、即遊撃レギュラーだなんて、えこ贔屓が過ぎます。オープン戦でも失点に結びつくエラーをしたりと守備力はまだ一軍レベルにない。
それを物語るように、開幕したばかりといえ三振の山、打率も1割そこそこで、しかも内容が悪すぎ。守備においてセンターライン(捕・投・ニ・遊・中)はいわば扇の要。金本はこれを無視して、自分が可愛がる(というより根性や気魄とかいう古臭い、体育系論理の発露)北條を起用して、嫌いな(爺さんもその口みたいやけど)鳥谷を腐らせて、昨年の過誤をなぞるつもりか(広島優勝の陰のMVP、貯金11を献上した功労)。
金本は自分が大打者のつもり見たいやけど、通算打率は金本も鳥谷も2割8分台とそんなに大差ない。金本だってひどい時は打てない、守れない、走れないの見本だったではないですか。相手の打者が走者が2塁の時、三遊間に転がせば、先ずアウトにならないと、狙って打ってきて、それにさえ対応できていなかったにもかかわらず記録のために出場し続けてきた。そんな輩が監督就任説が流れた時に、阪神の新監督は「亀山」なぞとほざいた。阪神を馬鹿にしているか、野球そのものを舐めているとしか、思えない。金本はそんな輩だ。
そんな金本をあざ笑うかのように鳥谷の開幕早々の打撃好調。鳥谷は阪神ファンならよく知るように、スロースターターで夏場くらいから尻上がりに調子を上げていくタイプ、それで一部のファンから帳尻合わせとも言われた。それでも通算打率では2割8分打てれば、私は遊撃手としては十分評価できる。しかも守備力はトップクラスの選手、1年の不調で長年の実績がちゃんと評価されなくなる現状を他の選手がどうみているかだ。何時同じようなことが自分の身に降りかかってくるかと考えないだろうか。こんな状況で真にモチベーションを高く保つことができるだろうか。それもふがいない打撃、守備を何年も続けた前科のある監督がそんな采配を奮っているのだ。
それに若手の成長がいわれているが、これは金本の手腕によるものではない、間違いなく掛布二軍監督に因るところが大きい。それに投手力育成がポイント、今の香田はダメ、同じ巨人OBなら桑田ぐらい引っ張って来たらどうだろう。解説を聞いていても、聞ける内容を話している。掛布も解説の時には少し喋り過ぎる嫌いはあったが、ポイントはしっかり把握していた気がする。恐らく小野も今のままのノーコンでは一軍は無理。現在の先発、中継ぎ、抑えの戦力ではAクラスは無理。ストーブリーグを賑わすのは金本か。なら掛布監督、桑田投手コーチぐらいあってもいいのではないか。
Posted by アンチ阪神 at 2017年04月06日 09:12
アンチ阪神さんのご高説謹んでたまわりました。あなたの金本嫌いも一つの片寄つた見識の一つとして否定はしません。なぜならば自説を強く持つているからこそフアンと言えるのです。あなたと討論を交わすつもりはありません。あなたの意見とは平行線であり終生相入れないものだからです。長島を好きな者がいるように嫌いな者も野球フアンとして存在しているのですから、ーーー
Posted by at 2017年04月06日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: