2017年03月30日

ジョンソンの前にカエルになるな、やられたら次は必ずやり返せ

新生タイガースの開幕です。昨年ジョンソンが対峙した5球団で阪神はチーム打率が唯一割台と言う最低を記録しています。つまりジョンソンにとつて阪神は鴨ということです。当然阪神は苦手中の苦手ということになります。その巨魁ジョンソンが大手を広げて阪神を待つ開幕戦です。ここで新生阪神がどんな崩しを見せるか、ああやつぱり今年も同じか、オヤ今年は少しちがつているぞ?ジョンソンに対した阪神がフアンに何を感じさせるかである程度シーズンが見通せる対決と云つていいでしょう。シーズン中にジョンソンと5回顔をあわせるとして四回も五回も相手に名をなさしめるようなことがあれば到底優勝を争う戦力とはとても言えません。ジョンソンに対して山本昌や三浦のようなことをくりかえすとしたら金本監督に限らず野球人の思考回路に疑いを持たざるをえません。ジョンソンや山本や三浦は打てねーやというのは野球人の戯言というものです。甲子園に押し寄せるトラキチは高い銭を払つてそんなものを見に行つてるんじゃーありません。完封されたら次は全知全能で打ち崩せよ、そうゆうチームにしろ、コラ金本!それにしても外人戦力への対応などを見ていると金本というカリスマの力に頼りきり会社側の協力体制が不十分に見えてなりません。阪神が今ひとつさえないのは坂井、四藤、高野がバカだからです。
posted by マスター at 08:51| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: