2017年03月29日

まだまだ遠いい阪神の超変革

赤星氏があるスポーツ番組の解説で優勝順位の一番に阪神を押していました。そして追蹤に「四番目まではただ並べて見ただけです」と弁解がましく述べています。阪神一位の理由にローテションの六番目まで確立していて安定していることを挙げています。これには私も驚いてしまいました。赤星氏はプロの解説者でなくただ一人のアホの阪神フアンになつてしまつたのです。しかし赤星氏を非難するわけにはいきません。彼の暴解説は阪神フアンの思いそのものだからです。赤星は可愛いやつちゃであります。赤星の解説は阪神フアンの願望でもありますが、藤浪が元通りになり、能見が最低負け越しを避け、秋山、青柳、小野ら実績に乏しい投手の獅子奮迅の活躍が望まれるという大変難しいものなのです。打線に金本チルドレンの活躍が阪神上昇の条件になつているのと同じことです。どちらかといえば投手陣に課せられた課題の方が難しいのです。超変革のテーマになつている若手の活躍それも相当高レベルのものがなかつたら赤星とトラキチの共通の夢は早番崩壊してしまうでしょう。今金本監督も気が気ではないことでしょう。それにしてもキャンベルは何してんのやろ?、今後使う気はあるのか?後釜話探しているのかー球団としてフアンに説明するべきでしょう。この件で黙りこくつている球団サイドは何を考えているのでしよう。
posted by マスター at 09:04| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: