2017年03月27日

アツパレ稀勢の里、愛すべきヒーロー照の富士

スポーツには見る者にとつて凄いと感じさせるもの、時があります。今日の大相撲の千秋楽がまさにそれです。13日目日馬富士に不覚をとつた稀勢の里は左上半身肩にかけて怪我をしてしまいます。日馬富士のスピードに圧倒され前日までの好調さからして考えられない惨敗相撲になりました。そして14日鶴竜との対戦は怪我が災いしてか何も出来ずに自分で後ずさりする様に土俵を割つてしまいました。この時点でこれもまた怪我の後遺症に悩む大関照の富士に優勝を前にして1勝の先行を許すこととなり稀勢の里は千秋楽で照の富士を二度倒さないと優勝に届かないという絶望的な状態になりました。誰もが14日目の相撲から察してそれは不可能と思つた筈です。私は長いことドジを重ねてきた稀勢の里を酷評してきました。「横綱にはなれない」と云つた覚えもあります。何度も優勝を目の前にしながら優勝を逃すそのドジ振りが何か阪神と酷似していることに無性に腹がたつてなりませんでした。そのことは横綱の壁を破ると同時に稀勢の里の顔の表情が一変しました。あの重量感のある土俵入りはかつての稀勢の里からは想像のできない堂々たるものです。それが今日、誰もが勝つ手に諦めていたもの(優勝)を左手に力の入らない体で手繰り寄せる語り草になるであろう快挙を達成して見せたのです。これぞ多言を要しないスポーツとしての凄さ(醍醐味)というものでしょう。私の彼に対する全ての侮蔑を取り消し此処に謝りたい気持ちで一杯であります。負けた照の富士も不本意ながら憎まれ役をまぬがれてよかつたのではないでしょうか⁉️次の横綱は「照ちゃん」君です‼️
posted by マスター at 08:55| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: