2017年03月23日

情けないぞ良太、今成!

阪神の新人糸原の評判が意外に高い様です。打撃も守備もかなりのレベルにある様です。内野はどこでもレベル以上にこなせるようです。特に今日は掛布のコメントも付けられ三塁の守備に高い評価がのつています。以上のことは阪神にとつても糸原本人にとつて大変結構なことなのですが、阪神の野手は糸原意外に多くの人材がいるのです。なのにこうした糸原に飛びつく様な記事にいつも私は考えさせられます。糸原が従来から長島級の評価をものにしていた選手ならいざ知らず。阪神でもドラフト6位の評価の選手です。入団後にアガつた糸原の評価にケチを付けるものではありませんが、阪神にいる多くのレギュラーを目指す選手のためにこの疑問を打ち付けたいのです。古い方から良太も今成も簡単な話そんなに糸原に劣る力量の選手なのでしょうか、もちろん糸原が実力で既存の選手を押しのけてバンバン活躍することに文句などある筈はありません。しかしこうゆうスポーツ新聞の軽率な記事に翻弄される選手も大勢いるわけです。糸原も頑張れ、良太も今成も頑張れフアンとは疲れるものです。誰でもいいから鳥谷の様な中途半端な選手でなく、選手の選択も育成も飛び抜けて下手くそな阪神です。ジャパン級の選手を阪神は育てなくてはなりません。そうでなくては強いチームにはならないのです
posted by マスター at 17:46| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: