2017年02月28日

阪神は金本の野球精神で歴史を築け(安易なプロパー監督路線をやめろ)

阪神が本当に優勝を目指してシーズンに臨んだのは過去三回あつたと私は認識しています。それは野村監督を迎えた時であり、星野監督を迎えた時であり、今回の金本への監督要請の三度です。野村監督の三年間は悲惨な三年連続最下位というものでしたがもしその後も野村監督継続があつたならば必ずや優勝という結実はあつたものと推測できます。不幸な出来事で退任せざるを得なかつた野村の後を継いだ星野監督の登場によつて初めてあからさまに優勝のための強引とも思える選手補強を阪神球団は敢行しました。球団が監督の希望をほとんど受け入れた支援として有名なものと言えるでしょう。コーチ陣もビツクネームを揃えベンチもハツタリに満ち満ちていました。選手は金本を取り、伊良部を取りました。伊良部初お目見えのオープン戦を見に行きました。伊良部がブルペンで投球を始めるとトラキチは試合をほつたらかしてブルペンに集結して伊良部を見ていたものです。それだけ伊良部や金本の入団はインパクトのあるものでした。そうそう下柳も取りましたよね、入団時は大して期待されていませんでしたが彼も結果としてはタイムリーな補強となつたわけです。そして阪神は久しかつた優勝を手にするのです。あの豪胆そうに見えた星野が試合中に具合が悪くなるほどプレツシャーがかかつたというほどです。トラキチと阪神という球団程ややこしいものはないのでしょう。金本の場合超変革などと言いながら星野の時ほどの支援をしているようには見えません。糸井を取りましたが星野の時の力の入れように比べるとスケールで問題になりません。金本の指導者としての才覚に頼りきつた面が見られます。今金本は打撃面の充実に邁進しています。そしてそれは確実に内面からの変革をもたらそうとしています。金本の方針が付け焼き刃でない骨太の阪神をもたらすものになると確信しています。金本にかかるプレツシャーは星野に同じく大変なものと想像できます。それ程金本の監督就任は阪神にとつてセンセーショナルなものなのです。寝ぼけたようなプロパー監督路線はもうケツコウです。
posted by マスター at 08:59| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: