2017年01月27日

ヤメテケレ、ジョーカートランプの悪ふざけ

トランプ大統領の「アメリカフアースト」で世界はテンヤワンヤです。特に関税を盾にアメリカ内の生産施設(工場の)海外流失に強烈なブレーキをかけています。経済の本質は利益体制の維持という一言に尽きます。経費(特に人件費)を抑えて利益を増やす。この経済の理を曲げてアメリカでの生産体制がメキシコに移るのを強烈に阻害する政策をトランプが強硬に推し進めているのです。人件費を抑制するという事は工場をどんどん後進国(賃金が安い)に移すという事です。後進国を利用するという事でしょう。日本もかつて韓国、台湾、ヒリピン、東南アジア、メキシコへと生産拠点を移して繁栄を享受してきているのです。現地に雇用を生む貢献もありますが本質的には後進国の低賃金という犠牲のもとに発展してきたにすぎないのです。いかなる美辞麗句を並べても賃金の安い環境を求めてきたこの流れが地球を一周してしまつたときどうなるのでしょう。その前に一時期アメリカの逆戻り保護政策で一息ついているのが資本主義の現状なのでしょうか^ - ^
posted by マスター at 16:28| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: