2016年12月26日

際立つ百合の花のしぶとさ、阪神も学べ‼️

「万事100%一方が正しいという事はこの世の中にはない」と云つて仕舞えばそれまでですが、今年女性として初めて都知事になつた小池百合子のその後の政治的手腕には単純に痛快感を覚えます。聞くところによるとその筋では将来総理大臣もの声もあるそうではありませんか。、まさかとは思つていましたが、それもあるかと思わせる彼女の都政スタートの快調です。これに反して今年一番許せないのは石原慎太郎の「太陽の季節」の青年の枯れ落ち葉爺いぶりです。都知事の職にありながら一週間に一度しか登庁していないという事、この勤務姿勢一つで彼は万死に値します。彼の人間性の本質が傲慢である事がすけて見える出来事です。在任中の報酬を返納させるべきでしょう。
posted by マスター at 14:28| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: