2016年12月26日

想像はどこまでも逞しく

ccー原口ー1bーキャンベルー2bー西岡ー3bー大山ーssー北条ーlfー高山ーcfー糸井ーrf福留
以上が取り敢えず来季の先発メンバーとなる事が予想されます。(私の希望が多くはいつています)他のチームは未だに新外人を呼び寄せ入団契約を重ねています。阪神はなぜか早々に補強そのものの終結宣言をしています。したがつて基本的には上述のスターテングオーダーが戦う基本戦力という事になります。サードに私は大山を上げました。この事には異論をお持ちのフアンもあろうかと思いますが、金本野球の完成を急ぐためには多少のリスクを排しても精魂を傾けて大山のレギュラーへの道を急がせなくてはなりません。古くは長島をはじめ、清原も入団時からレギュラーを勝ち取りつた選手はたくさんいるのです。大山はそのレベルで金本の目に適つたのではないでしょうか、そうでなければ桜美林の佐々木を避けたドラフトの意味をフアンに納得させる事ができないでしょう。よくよく見ていくと計算の立つ選手は福留と糸井ぐらいで後は今季に今後を賭けるという課題を背負つている選手ばかりです。完成度の高い広島に対抗するには彼等の期待度100%に近い成績が求められます。打線やオーダーをいろいろ組み替えて楽しむのはフアンとしての特権です。皆さん2月のキャンプまでの間「自分なりの阪神」を組み立てて楽しみましょう。ここでまたくどいようではありますが、北条に代つて鳥谷が登場するような事態になれば阪神の再建はまた遠くに去ることに成るでしょう。
posted by マスター at 14:19| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: