2016年12月21日

落合の失脚を考える

今セリーグで混乱期を迎えているのが中日と阪神でしょう。共のプロ野球創設以来の歴史を持つ球団です。その旧態以前たる球団マネージメントは酷似しています。権力を持つ名物的オーナーの存在も全く似ています。そしてこの球団の表面にオーナー達が何gptpにお表面に顔を出すところもそつくりなのです。ソフトバンクの孫さんも、楽天のや日ハムのオーナーは経営の細かいことには口出ししないようです。そう有給ファンが最近では力をおつけてきていると言えます。最早ナベツネや白井や坂井タイプのオーナーの時代ではないのです。球団の経営は専門の組織によつて運営されるべきなのです。今日中日の落合GMが退陣しました。在任8シーズン中日をBクラスに落とさなかつた名監督落合もGMとしての成功は得ることはなりませんでした。そもそも日本でのGM制度は成熟を見ていません。それは日本のプロ野球のスポンサーが企業であるところに起因しているのでしょうが、権力が中途半端な日本のGM制度は監督の上に監督を置くようなものです。落合に経営者としての才があつたかどうかは別にして、中日もまた落合を会社側の人間として扱う下地はなかつたはずです。阪神が野村をGMに据えたとしても成功する可能性は甚だ疑問と考えられます。日本の野球はあらゆる角度から検討を加えた監督を選ぶということが第一に大切なことなのです。他球団に遅れをとる旧態依然のセリーグ3チーム(巨人。阪神、中日)ですが、巨人はしゃかりきの補強を試み、阪神は金本に頼りチームの沈没を防ごうとしています。落合をお潰し、谷繁を失つた中日は再建に少し時間を要するかもしれません。落合の失敗は難しい球団経営の実情を示す一端と言えます。
posted by マスター at 10:11| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: