2016年11月30日

星野、金本にあつて球団にないものナーニ?

今の所阪神には糸井入団の話題以上のものはありません。外人の投手と野手が決つたようですが、さほど大物でもなさそうです。昨年の例もあります。来日してプレーを見て見なければわからないというレベルの選手のようです。阪神のやることです外人への過度の期待はしないほうが良さそうです。とにかく二月のキャンプを待ちましょう。さて本日のスポーツ二ユースを見ていたら久しぶりに星野が出ていました。別に話題は阪神のことではありませんでしたが司会者から阪神が糸井を獲得したことについて問われ「私が金本から受けたもの以上の活躍をしてやつて欲しい」と答えています。これは一見社交辞令のようでありますが、糸井の立場からしたら自身で超えなければならないハードルを星野がコメントしているのだということです。金本が星野にした恩返しは数字で見ても糸井のキャリアとは格段の開きがあります.もし糸井がホームラン20本、打点が70台で止まれば数字的にはゴメスの埋め合わせ程度にしかならないでしょうし、阪神の順位をを上げる強力な戦力には成りません。別に星野が自慢話をしていたわけでありませんが、当時星野でなかつたら金本は阪神に来ていなかつたことがハツキリわかります。その上で星野のコメントを読み取れば彼の金本に対する脈々たる愛情がこもつているのもわかります。糸井も金本ほどのインパクトはありませんが、金本がいなかつたらやはり阪神には来なかつたような気がします。星野、金本にある人間味に欠けるところが阪神が選手仲間に嫌われる大きな理由でしょう。ーチョツト見館ひろしの糸井くんガンバつて!ぼしの
posted by マスター at 10:25| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 阪神・四藤慶一郎社長(56)は保留選手名簿提出期限の11月30日を迎え、オフの補強に関して「現時点で終了です。(報道陣を見回して)ご安心下さい」と今後のトレードを含めた新たな動きを否定した。

上記は新聞報道です・・・。
今オフの補強は終わったそうです・・・。
そもそも新外国人や糸井獲得は補強じゃなく補充レベルだと思うのですが・・・。
来季は中日あたりに巻き返されて最下位もあるかもしれませんね。
それにしても四藤ー高野の能無しフロントコンビでは優勝など程遠い気がします。
Posted by ボッチ at 2016年12月01日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: