2016年11月26日

短い選手生命の中で糸井はトラキチ満足させられるか

糸井の入団がきまつて阪神打線は編成に幾とうりかのバリエーションを選択できるようになります。鳥谷に頼つてしょぼくれた打線しか組めなかつた昨年までに比べれば打線の編成に弾力性を増したことは間違いありません。糸井獲得の功は多としますが、この一事で阪神の優勝の確率が高まつたと手放しでは喜べません。彼の入団に沸く球団やフアンに水を差すわけではありませんが、金本が入団した時はその一事で私は阪神の近いうちの優勝を意識したことを思い出します。金本の華やかさと糸井の渋い感じとは大きな違いがあります。糸井が金本と同じく優勝の使者になれるか否かは糸井自身の残りの選手生命の中で自身のキャリアを大幅に更新する活躍を見せなければなりません。金本からの誘いの言葉に糸井自身が感じた熱意に対して残る五年の選手生命をかけて恩返しをしなければなりません。18億円という阪神の彼に対する処遇は日本球界でもトツプクラスのものでしょう。糸井が20本以上のホームランを打ち、100打点以上を記録してこそ糸井自身も金本も球団も「いい仕事をした」ということになるのです。糸井くらいになれば私が思うくらいのことは心構えにあるはずです。糸井は世評通りの大物か期待外れに終わるのか、もう直ぐ厳しく煩いトラキチの目にさらされるわけです。盛り上がる阪神周辺の様子を別にして以外と厳しい糸井の前途と言えます。私自身は金本の陰で終わつた新井貴浩にならないで欲しいと思えてなりません。それでも昨年までとは全く違う打線を見るのは今からワクワクする思いです。
posted by マスター at 09:19| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: