2016年11月20日

正に切嗟琢磨の渦中にある阪神の選手たち

先日私が勝つ手に来季のスーターテングメンバーを組んでみましたが、それぞれが期待値の成績を出したらという条件はつきますが、この5〜6年のタイガースに比べればフアン側からした楽しみは雲泥の差と言えます。それは総師の金本が全ての選手に細かく目配りをしてこれはいけるという選手がたくさん出て来たからです。何度も述べてきましたが阪神にとつてここが一番大切なところなのです。プロなのですから才能さえあればいいというのは間違いです。その上今のkーk体制は野球で大事なパーツの打撃において若手が教わらなくてはならないものを充分に持つています。それを若手に伝授する教える技術にも長けています。その中から原口も北条も頭角を現してきたわけです。このような確信に基ずいて大山も獲つているはずです。当然こうゆう形には選手と指導者の間に強い絆が生まれます。このような関係があつて超変革は成立するのです。金本と掛布がいること自体が今の阪神には大事なことなのです。原口、北条以外の若手にも「俺も!」という気概が充満しているはずです。このことで、すでに金本体制の出発点は成功していると言えるのです。金本は焦る必要はないのです。それにもかかわらず昨日のフアン感謝デーの挨拶で「来季は優勝を目指す」と宣言しています。それはまた金本が選手の成長を自覚していることでもあるのでしょう。新鋭の成長は良太や今成や大和をどんどんスペアーの追い込んでいきます。選手間の競争とは誠に厳しいものです。
posted by マスター at 10:05| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: