2016年11月15日

糸井獲得は難しいのでは?

糸井獲得には疑問のあるとしている私としては矛盾した心配と言われるかもしれませんが直接交渉に当たつた金本が糸井のペースを尊重して期限を設けずに返事を待つしかない、という談話を出しています。これはあり得ることとしても私からみると糸井獲得の確率はかなりトーンダウンしたものと推測しています。もしかすると最悪破談になるのではないでしょうか?一方別の記事にオリツクス糸井の穴埋めにロメロ獲得なんて情報が出ています。こんな記事を見るとオリツクスは糸井の慰留を諦めたのかとも思われます。オリツクスは糸井の引き止めに4年18億の条件を提示しているようです。これは彼にとつて悪い条件ではありません。これを上回る条件となると阪神は相当気張らなくてはなりません。この辺のキレを見せられるか阪神というところではないでしょうか?過去のFAでもかなりの大物にアタツクした過去を持つ阪神ですが一回の交渉でアツサリ断念したケースが多くあります。相手を口説き落とす方策とか周年のない阪神の編成です。今回もこのケースでなければいいのですが、今更ながらに鳥谷のトンチンカン慰留のお粗末劇が思い出されます。
posted by マスター at 09:55| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フロントが人的補償の場合に発生する28選手プロテクト選定作業にとりかかったとする情報もありますので、糸井獲得は大丈夫でしょう。プロテクトから外れる実力のある選手も多数でてくるでしょうね・・・。思い切って鳥谷をプロテクトから外すなんてどうでしょうねー。
Posted by ボッチ at 2016年11月15日 12:39
賛成
Posted by at 2016年11月16日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: