2016年10月29日

死を前にして暴かれる慎太郎の傲慢

石原慎太郎が老醜をさらしています。都知事在職時の問題で現知事小池さんの追及を受けています。それに対する石原さんの対応及び返答はことの善し悪しを超えて酷いものです。私が石原旧知事の最大の罪は一週間に一度しかも二時間しか在庁しなかつた事実でしょう。その後に発生した不始末の根源がこの勤務の仕方にあるからです。高い俸給を食み一週間に一度しか登庁しないなんてことが許されるのでしょうか、問題の第二はこの知事の勤務ぶりをあたかも大物のの行為のように報道していたマスコミにあります。当時私もこのことに対してすこしの疑念も抱きませんでした。しかしよくよく考えると舛添の公用車私的利用より悪質なものではないでしょうか、不出勤日の給料を清算して都に返納するべきでしょう。このふざけた勤務態度、時々吐く暴言に近い発言などある種のエリートなのでしょうが人間としての誠実さを感じません。一つフイリツピンのデトルトサンを見習つたらどうでしょう。
posted by マスター at 09:12| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: