2016年10月23日

肝の座る金本の選択

金本は大山を阪神の三塁手にして将来4番を任せようちう構想を持つているようです。阪神の三塁手と簡単に言いますが、良太、今成、西岡、上本、果ては鳥谷まで多士済々です。みんな一応のキャリアはあるのですが、ポジション的に見て打線のクリーンアツプを打たなくてはならないことを考えると帯に短し襷に長しの感をぬぐえません。とは言えそこそこの打力はある訳ですから、大山が彼らを凌ぐと云つても簡単なことではないでしょう。しかし名前の挙がつている5人では打線の大型化は無理というものです。金本が自分の指導で大山を阪神の中核選手に育てようとしているのが良くわかります 。金本のことです。その成否には監督生命をかけて大山を指名したものと思われます。座して首を切られてきた阪神歴代のサラーリマン監督には見られなかつた自己判断力が光ります。なるか3番高山、4番大山?これくらいのサプライズオーダーが実現しない限りいつもホームラン100本を越せないチームで夢のない試合に終始するタイガースの繰り返しで終わるでしょう。広島はこれしかないという手で大谷攻略の糸口を見出しました。今年一番のテンションを見せる広島です。大谷から連続ホームランを打つあたり阪神打線と大きな格差(ホームラン153と90のさ)がハツキリです。今の阪神では絶対大谷は打ち崩せないでしょう。チャンスに全9ジョンソンを打てなかつた中田の真似がせいぜいでしょう
posted by マスター at 10:20| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: