2016年10月22日

惚れ惚れする大山の面構え

大山の写真がデーリーの一面です。眼光炯々としてその体幹の素晴らしさが画面から伝わつて来ます。金本が将来阪神の四番を任せようとしている選手です、凡庸であるはずがありません。金本の期待が手に取るようにわかります。前文でも触れましたが今年のドラフトした選手達の体格の良さが目立ちます。総じて身長もあり体重も充分な選手がほとんどです。小さく俊敏を誇るのも一方の素質ではありますが、赤星やイチローのような選手は中々いるものではありません。背が高くて重量感のある選手は一層の未来を期待してしまいます。新人には入団時に誰が監督で誰がコーチにいるかということはその選手の一生に影響する場合があるのです。長島と松井、野村と古田挙げればキリのない人生の上でのコラボです。松井の阪神フアンはつとに知られるところですが、もし阪神に入つていたら今日の松井は存在したかどうかわからないのです。古田にも同じことがいえるでしょう。またイチローの素質の全てを容認し一言の是正も要求しなかつた仰木監督との出会いも語り草となるものの一つでしょう。特に今年阪神入りした野手は金本、掛布という阪神では稀有の指導者の手ほどきを受ける訳です。これぞ今までの阪神の新人にはなかつた幸運というべきです。今年阪神に入団する選手はほとんど10年を経てもまだ30歳というところでしょう。そのときバリバリと阪神の役に立つている存在であることを願つています。(わかつていても佐々木取り逃がしは惜しくて仕方ないと呟くトラキチありです)
posted by マスター at 11:16| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: