2016年10月22日

雑音に惑わされるな金本!

来季優勝しなくてはならない阪神というバカな論調がありますが、今年の内容をみれば広島との戦力格差は相当なものがあり、来季優勝を我々フアンが願つてもセリーグの戦力分布はかつての巨人のような絶対的存在がなくなつているだけに、わずかの差が大きな差となる皮肉な状態にあるといつていいでしょう。特に投打にエンジンを欠く阪神と中日は最悪の状態にあるといつていいでしょう。野球は不思議なもので何年かけたからといつて必ず優勝するものでもありません。突如の救世主の出現でアツサリということもあるのです。しかしそれは稀なことで布石を打つてこないチームにその幸運はなかなか訪れません。死ぬほど好きな我が阪神がまさにそれに該当するのです。そのことがわかつていないとしたら阪神の経営陣は真性のバカということになります。遅まきながら金本を先頭にその種蒔きを始めたばかりの阪神というのが現在です。来季は優勝を争う力をつけることに専念すればいいのです。もしめぐる幸運が目の前に来たらそのときしつかりキャツチすればいいだけのです。阿呆な新聞記事に踊らせられることがやつてはならない阪神の第一です。先ず投打に優秀なエンジンを装備せよと言いたい。
posted by マスター at 10:23| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: