2016年09月28日

切れ味抜群球界の宮本武蔵

ヒーローなくして優勝なし、日ハムの優勝はまさにそのことを物語つています。大谷の活躍には長年プロ野球を見てきた私も唖然とせざるを得ません。かつて投げて打つての両刀使いで有名な選手は数十年前のベーブルースの話があります。それでも大谷ほど投打両立させる凄さはなかつたでしょう。プロ野球では投手で四番を打つことすら不可能と言われる時代に大谷はシーズンを通じてその離れ業をやつて見せているわけです。野球漫画のヒーローそのままです。こうゆう選手を育てる素地が日ハムにはあるように思われます。あるというより球団のトツプと現場の責任者まで意思の疎通統一が出来ていることが側から見ていても良くわかります。球界の非常識と思われた大谷の両刀使いは栗山監督の存在があつて成功したとも言えるのではないでしょうか、彼のクレバーさと新しさと決断によつてなされたものと言えましょう。これがいくら名監督とはいえ三原や広岡や野村では逆に漫画のヒーローの出現はありえなかつたでしょう。彼らが監督だつたら大谷は投手か打者に決められていたhでしょう。その成果の集約がソフトバンクの2ー1の勝利であり、マジツク1にした勝利の延長での二塁打でしょう。9人で戦うベースボールで大谷一人がもたらした2勝と言えること自体もの凄いことです。阪神の悩みが小さく見えて仕方がありません。日ハムはその年のドラフトおトツプランクの選手にチャレンジしその成功率は驚愕的です。この辺にも球団の強い意志統一が伺えます。坂井野球ボンクラ会長の方ばかり向いてゴマスリ経営に励む阪神との差は想像以上に大きくなつてしまつています。
posted by マスター at 08:38| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: