2016年09月24日

何を今更

地方議員の政務活動費の不正使用の問題がテレビを賑わしています。前日まで議員さんだつたお偉いさんが苦い薬を飲まされた様な顔をして連日テレビで殊勝な謝罪コメントと共に辞任に追い込まれています。チャンチャラ可笑しい社会現象です。人間の品性とは何かと問われているのですが、心に何がしかの哲学を持つ人間は社会での成功者にはならないということをこの事件は証明していると云つていいでしょう。まさに今回の続発する事件は世の中の多くの中小企業の社長が自分の会社の決算に用いる手法となんら変わらないと言えます。またサラーリーマンが出張経費を誤魔化すのともおなじです。つまり誤魔化すということでは議員も中小企業の社長もサラリーマンもなんら変わりないということでしょう。小さな立場の人間ほどその手法は限られるのです。富山の市議会自民党の親分が「みんな飲み代だ!」と嘯いていましたがなんとも可愛らしいくも醜い人間世界を一言のもとに表していました。「水清くよくして魚住まず」何はともあれ銀座には逆風であります。
posted by マスター at 09:46| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: