2016年09月22日

投手で辛酸をなめた金本次なる一手は?

昨年のドラフトは阪神は当初岐阜の高橋投手を取りに行くというのが事前の予定だつたはずが、蓋を開けたら高山に変更されていました。これには急遽監督に就任した金本の意思が大きく働いたと私は見ていました。高山が一応の成功を見せたから言うわけでありませんが、金本が自分の意見を通せる監督であり、その意思を球団が認める重きをなす監督であることがこの一事によく現れていて金本にチームを預ける安心を覚えたものです。そして高山の活躍は金本の選手を見る目の確かさを証明したことにもなります。投手はマウンド上一人ゆえにそのゲームに果たす責任は重いものがあります。その投手を除いても八人の力を集約しなければならないのが攻撃です。その一つ一つの駒に進歩への具体的指示を与えられる監督かそうでない監督ではチームの充実に格差が出ると言えます。その点では選手に直言ができる背景(キヤリア、実績)を持つ金本は阪神にうつてつけの監督と言えるでしょう。しかし監督が打撃一遍等のカタワではなりません。先日も今年のドラフトに備えて金本を中心に作戦が練られたみたいです。一年の労苦から金本がどんな態度でそのときに臨むか大いに注目です。私は今年のドラフトの指名は全員投手でいいと思うのですが?
posted by マスター at 09:06| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: