2016年09月20日

藤浪も安穏としていられない岩貞のたのもしさ

毎度申し上げておりますが今の阪神は1勝にこだわることなく明日のために内容ある戦いをすればいいのです。ホームグラウンド対巨人戦いまだゼロ勝の甲子園はなんとソウルドアウトという物凄いことになつています。阪神という球団は最低ですが、タイガースがいかに素晴らしいかを物語るものです。勝ちにこだわる必要がないとはいえ甲子園ゼロ勝はあまりにも悔しいではありませんか、そんな屈辱を一掃する試合を見せてくれました。先発の岩貞は今エースと云つていいほどの素晴らしい投球を披露しています。ペナントの帰趨になんら関係のない試合とはいえ風格というにはまだ早いが独特の投手らしさを感じさせる投球を見せてくれました。阪神には珍しい先に大きさを想像させる投手が出てきたぞと、見ていて久しぶりに楽しかつたです。攻撃も高山が先制ホームランを打つての猛打賞、新人王候補だそうです。これも嬉しいじゃありませんか、多分金本の意向で投手志向のドラフトを覆して獲得したものでしょうが、それが見ての通りの大当たりです。2割8分、ホームラン10本など誰かさんのような小さな打者に固まらないことを祈ります。余談ですがルーキーオブザイヤーのライバルはDENAで8勝8敗の今永だそうです。初のCS出場に貢献した8ー8です。高山には相当の強敵となるでしょう。勝利に重きをなした北条の適時打、板山もヒツトを打ちました。ゾクゾクさせる金本チルドレンの活躍です。いいですね、いいですね!鳥谷の三塁先発あれはなんのためですか一時も早く鳥谷とは決別するべきです。思わせぶりな鳥谷への未練は他の選手の成長を阻害する何物でもありません。これは金本の温情なのでしょうが、逆に金本らしくないと言えます。あそうそう、カバの村田に一発を食らいましたが右打者が手を伸ばせばスイートスポツトのあそこ球が行くコントロールには気をつけなさい岩貞君、君が何発か打たれている手痛いホームランは大体あそこへ吸い込まれたように投げてしまう今日の球だということを肝に命じてください。
posted by マスター at 09:44| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: