2016年07月31日

はえば立て立てば歩めのタイガース

試合に勝つことは一番重要なことですが今私が楽しみにしていることはその日の試合のテーブルスコアーを丹念に見ることです。阪神の明日を担う若手が試合の流れの中で噛みあつた働きをしているかいないのかそれがテーブルスコアーにハツキリ出ているからです。同じヒツトでも試合の流れに関わりのないシチュエーションで打つたものより試合の流れのポイントで打つたヒツトは本人にとつて例えようもない自信となるものです。今日も上から見て見ましょう。高山が吉見を粉砕するきつかけのホームランを含む2安打、シーズンも後半を迎える難しいしい時期に打率を2割8分まで戻してきました。彼の実力のほどが伺われます。荒木も一軍でヒツトを打てる選手に成長しているようです。原口も北条も勝利に貢献する仕事ををしつかりとしています。鳴尾浜出身者のお互いに負けまいとする説差琢磨が伝わつてきます。投手の島本なんてあんまり期待していませんでしたが一軍で使つてもらつている内にじんわり力をつけてきているようです。旧態以前とした名前を並べ(鳥谷を中心として)漫然と戦つていた頃の阪神とは今は大きな違いです。高山が福留をリスペクトするのは当たり前ですが、福留の現役を目の当たりにすることのできる高山は幸せ者です。阪神で今超のつく一流選手は福留しかいません。打者たるもの彼を見て大いに盗むべし、本来はこの立場に鳥谷がいなければならなかつたのです。メツセンンジャーが外人投手歴代で5位の70勝もしているとは驚きです。私は波の大きい彼があまり好きではありませんが長年の頑張りに免じて来季も使つてやりましょうか?しかし打つ方の要ゴメスはいけません。このところ帳尻合わせのようにホームランも出ていますが、彼クラスの四番打者ではとても優勝を狙うのは無理です。ホームラン30本打てない外人の四番打者なんて必要ありません。ゴメス云々の問題ではないのです。CSなんて小さな目標に拘らず今年は実力アツプに絞つていいのでは?評論家の西山も中田も捕手は原口で行けと煩いくらいです。私もあれほどチャンスに強い原口を何故金本はレギュラーに固定しないのか不思議に思つていました。しかしこれには外部から騒いでいる我々にはわからない金本の深い考えがあるようです。評論家の皆さんギャアギャア言うだけでなく金本の手腕を信じましょう。
posted by マスター at 10:48| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: