2016年07月30日

藤浪は体幹を鍛え直せ‼️

藤浪の乱調は説明もつかない目を覆いたくなるものです。このことに阪神のコーチは誰も手がつけられないのです。藤浪に進言できるコーチがいないのでしょうか、だとしたら山口、中西の給料泥棒無能コーチ時代となんら変わらないのです。どうも香田と金村では役者不足と私は見ています。今藤浪がメジャーにいつたとすると向こうの打者からしたら最も美味しいイージー投手ととして喜ばれるのが関の山でしょう。素直すぎる綺麗なストレート適度なスピードつまりバツテングマシーンなのです。球の威力スピードは今のままでいいでしょう、これだけを取りあげれば申し分のない投手としての資質と言えるのです。それなのにこのところ登板する度に早い回で崩れ大量失点しています。とてもエースとは言えません。この変調が4年目にして表面化しているのが問題なのです。香田や金村の指導では復調の兆しは見えていません。私はプロではありませんが藤浪の乱調は技術の問題ではなく体幹の問題と断言します。彼の柔軟に見えるフオームは高校生のままの体幹のなせる業と言えるでしょう。全てに未熟な柔らかさを感じる藤浪のマウンドです。今ひとつ踏み込めば今彼に必要なのはミニキャンプでしょう。阪神も目先の1勝を目指す必要はなく、藤浪にも同じことが言えます。一時彼からボールを取り上げ死ぬほど走らせることで体幹の強化を計るべきです。それになる強靭な足腰は今藤浪が突き当つている問題をすべて解消すると私が断言します。何かひ弱で散漫な今のままではとてもタイガースのエースには成りえません。野球には野村(元阪神監督)がいう理論的一面とかつての金田が実餞した走ることでものにした他を寄せ付けない強い足腰の完成と言う表裏一体になつてこそのエースへの道と言えるのではないでしょうか、藤浪はまだ天与の才を余しているといつていいでしょう。つまり甘えているのです。柔らかい体は柔らかいままではダメです。ダルビツシュ、大谷の強靭を求めなくてはなりません。果たして阪神にそのような道を藤浪に説けるコーチが存在しているか疑問符のつくところでもあります。藤浪を天狗にしては成りません。
posted by マスター at 10:18| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: